本文へスキップ

評判/レビュー01|電子カルテ/オンプレミス(設置型)診療所/クリニック専門で開発23年の実績と信頼の電子カルテ/オンプレミス(設置型)をお試しください

TEL. 03-6276-9711

全国無料でデモンストレーションに伺います

【評判/レビュー】ドクターの声Doctor Voice

【評判/レビュー】ドクターの声

ドクター達の意見で進化を続ける日本初の電子カルテシステム

MindTalkご利用中の全国の数多くの先生方から大変貴重なご感想、ご意見をフィードバックして進化し続けております。

電子カルテ MindTalk 導入記

電子カルテ導入記 加藤整形外科様

多様なレセ作成ができ、改良が絶えず行われ、電話のサポートも確実。維持費もリーズナブル。

加藤整形外科様 院長 加藤 良一 先生
岐阜県可児市下恵土919
診療科:整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科
TEL : 0574-61-0971

 私が考える電子カルテのメリットは、カルテ探しが不要なこと、レセ作成への転記が不要なこと、悪筆の私自身が字を書かなくて良いことでした。

 1994年開業当時は電子カルテを考えていましたが、当時は実際に使えるものは皆無でした。それでも3台のMacを買って診療や医療経営に使用していました。カルテ棚やレントゲン棚を買い足し、そろそろ限界が見えてきた2000年ころ、プロフェッショナルドクター、ドクターソフト、マインドマック(現マインドトーク)などが視野に入りました。
 初めは価格を考え、プロフェッショナルドクターを考え、メーリングリストへ参加し情報を集めました。労災と自賠がないこと、ファイル管理のトラブルなどを聞くにつれ不安となり、サポートのしっかりした、また自賠労災レセのあるドクターソフトに興味が移りました。
元々Macを使ってきた私ですが、Windowsのマシンを購入、ドクターソフトを試用しました。こちらもメーリングリストに参加させていただきました。インストール時に電話で助けていただいた時の由比社長の自信が印象的でした。しかし操作性がよくないこと、インターフェイスが洗練されていないことから、どうしても好きになれませんでした。その頃、でんでん虫というソフトも開発されつつあり、こちらを検討し始めましたが私自身のWindowsの管理にも不安がありました。

 そんな中、2001年春FCRを導入、突然、資料請求をかつてした関係でアガペの田中さんから電話をいただき、マインドマックのデモを受けました。彼の自信過剰でない気さくさと誠実さに惹かれました。なかなかよくできたインターフェイスで、労災自賠システムも年末には完成するということを聞き、Macなら自分で管理できると考え、8月に導入を決めました。
 ハードやLANはFCR導入で世話になった業者に依頼。9月、レセコンデータ抽出。自分でソフトをインストール。月末土日を使いアガペ菅原さんに指導を受けてトレーニング、10月から紙カルテと平行入力しながら練習。11月は完全に紙カルテと電子カルテと2重入力し、レセコンと合わせてcheck、11月の初めは次々にクライアントのiBookが起動しなくなり苦労がありました。ハードは正常でしたが消音キーを押してしまい起動音がでなくなることからのトラブルでした。2重入力の期間は、診療終了後に診療行為を入力するので、スタッフの帰りが11-12時になり、もう2度とやりたくないと言っていました。

電子カルテ導入記 加藤整形外科様2

 12月からは電子カルテに移行しました。冷たいプールに飛び込むような気持ちで、電子カルテに移行する際、考えたことは、現在までの医院のやりかたが電子カルテでそのまま再現できるかどうか、ではなく、電子カルテの機能を利用し、それに合わせて、今までの医院のやり方を変えていく必要があることです。クリニカルパス、カルテの書き方問診の仕方、電子カルテの仕組み、予約システムのあり方などを、毎月の勉強会で講義し、スタッフと議論し、システムを考えました。
 現在、処置室での作業は処置箋を作成しています。処方箋は印刷します。当日分のカルテ内容は、その患者の診療直後に一度印刷します。それらが一時的な紙のバックアップとなります。リハ(理学療法IV)ではリハの指導箋を作成し、ノートに時間を記載しています。問診は看護婦さんにしてもらい、カルテに入力させます。看護婦さんは話を聞くことがうまいので、しっかり患者さんの話が聞けることになります。

電子カルテ導入記 加藤整形外科様3

 初めは診療内容もできるだけ多くを医師が入力していましたが、時間がかかって診察できる患者数の制限となるため、できるだけ医師の入力量を減らし、他部門へ入力を依頼し、診察そのものに時間を使うようにしています。労災自賠システムについては当院の絶大な協力により数年の遅れで完成しました。その間は、古いレセコンを併用していました。
 マインドトークの良いところはインターフェイスが論理的で使いやすいこと、多様なレセ作成が柔軟にできること、サポートが電話で確実にできること、改良が絶えず行われることです。維持費もリーズナブルと思います。点数改訂時などのバージョンアップも容易です。なぜか、改良の時、新たなバグが起こり、苦労することもありますが、何とかサポートなどで切り抜けられ、致命的問題は今のところ発生していません。スピードが遅いと思った時もありましたが、アプリケーションメモリーの調節で解消しました(OS9)。データベースソフトは多くのメモリーが必要となることがわかりました。最近でもバージョンアップ、OSの変更、機種の変更が重なり苦労がありましたが、ソフトやハードの問題と言うより、当方の使い方に問題がありました。コンピュータへの興味や、一般的問題への対応がある程度できる必要はあると思います。
 バグの問題は、点数改訂が多岐に渡り頻回に行われ、ルールが複雑でなこともあり、難しい面があると思います。
 3年使ってきての評価ですが、ソフトのできは、常には満点ではありませんが、アガペ社のスタッフの誠実さは十分合格点だと思いますし、つきあっていけるソフトと信じています。
院長 加藤 良一


関連ページはこちら

ドクターの声(総合) | 導入実績 | よくある質問 | 無料デモンストレーション


お問い合わせ・資料請求 電子カルテ問い合わせ 無料デモンストレーション

バナースペース

アガペシステム株式会社

〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-27-8 FCビル6F →アクセス

TEL 03-6276-9711
FAX 03-6276-9722

お知らせ

キャンペーン

会社概要

アガペシステム株式会社

アガペシステム株式会社
〒167-0051
東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
アクセス(交通案内)
TEL 03-6276-9711
FAX 03-6276-9722
お問い合わせ(資料請求)